Toshifumi Tanabu

Blog
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


とことん青森:ねぶた@表参道
 


23日に表参道で行われたねぶたの運行を見てきました。
青森県をPRするための「とことん青森」というイベントの一環で、
高校時代、一緒にバンド(メタリカコピー)をくんでいた
青森県庁の友達が太鼓で参加すると聞き、その勇姿を見るために。



運行前、明治神宮の前に設置されたねぶたの山車。
初めて見ましたが、色づけされてるんですね。
夜に光っている山車のイメージだったので。

青森県出身なのにねぶた見た事ないの?としばしば言われますが、
出身地の八戸にはねぶたと同時期に「三社大祭」という日本一の山車祭りと言われる
祭りがあり、ねぶたは見た事がありません。




午後5時過ぎ、運行開始。
封鎖された表参道を「ラッセーラ!!」のかけ声や太鼓や笛の音とともに
たくさんの「はねと」と山車がやってきました。

表参道を封鎖してのイベントというのは、都に申請しても、まず出来ないそうです。
沿道はねぶたを見るためにすんごい人だかりです。



明治通りとの交差点で信号機をなんとかギリギリよけつつUターン。
間近で見ると、いやー、デッカイなー!迫力あるなー!
本来の青森市でのねぶたは6車線を使用しての祭りだそうで、
片側3車線ずつしかない表参道ではこのデカさは大変そうです。



お、友達も確認出来ました。迫力のある太鼓を叩いてくれています。
楽しそうだなー。このイベントのために「はねと」を東京でも募集してたらしく、
参加したかったなーと思いました。八戸出身なのに。



その後、再度、明治神宮前に設置された山車。
八戸出身としては悔しいですが、感動しました。
青森市ではこれが20数台運行されるとの事で、そりゃ迫力あるだろうなと。
ちゃんと「はねと」の着物を着れば誰でも参加できるそうです。
着物はレンタルで3000円程で着付けもしてくれるそうで、
一度参加してみたいなーなんて、結構、本気で思いました。



八戸三社大祭も上京して以来、見てないし、
今年の夏はちょっと考えてみようかな。













| その他 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


富士登山〜2日目
      

   
前日、完全に寝不足なはずにも関わらず、
貴重な4時間の睡眠時間、全く眠れず…。
まあ、窮屈で騒がしい山小屋で睡眠が無理だろう事は想定内。





装備を整え、0時出発。山小屋の外。

これでは眠れるはずもない。
ふと見上げると、空には満天の星空!!





ここからはヘッドライトを頼りに登山客で大渋滞の暗闇を
山頂目指し一心不乱に歩く…。写真撮る余裕はナシ。
追い打ちを掛けるように急な坂や岩場が続き、猛烈な風。頭もクラクラ。
この時間はホントにキツかった!!
しかし、この大渋滞が初心者且つ寝不足の自分には良かったようで、
数歩進んでは止まるので、イヤでも休憩。高山病にはならず。
そのつかの間の休憩中に見る、登山道に続くヘッドライトの行列や、
満天の星空、遠くまで広がる街の灯が、疲れた身体に大変、幻想的。





そして…





夜も白んできた4時前、登頂成功!!
且つ、たまたま空いた最前列に陣取る事が出来、
何にも邪魔されず、昨日はあきらめていた瞬間がついに!!

















この風景を見る事が出来たのは、
本当に幸運な事だったと思います。
各々が色々な事を考え、
色々な事に感謝したであろう瞬間。
胸に込み上げるものが。











その後、おしるこで身体を暖め、いよいよ下山。
しかし、辛いのはこの下山。
何が辛いって、







とにかくつまらん!!!
この変わらぬ風景が延々下まで何時間も!!!
呼吸は全く辛くはないけれど、
坂道も急で、足に負担が…。




あと、胸クソ悪くなったのは、このブルドーザーのおっさん…。

僕らのような登山者のために、色々整備をしてくれたり、
物資を運んでくれているのだろうから、周囲の登山者に
えらくキツい言葉で道を空けるように怒鳴っているのは
しょうがない事だとは思ったけど…。





お前が吸ったタバコを下山道にポイ捨てするってのはどういうことだ!!!???





と、疲れもあってか、多少憤慨しつつも
10時すぎにようやく下山。

これ登ったんだなぁ…。




僕の顔も昨日すれ違った下山者同様、
死に顔になっていた事でしょう。
もう一度行きたいかと言われれば、
しばらくは遠慮したい…。
初回でご来光が拝めた事で、
リベンジしなくて済んだ事にも感謝しつつ。





| その他 | 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


富士登山〜初日
     

   
7月19〜20日。海の日連休。
日本のてっぺん取りに。





出発前日、22時に就寝するも、
0時に目が覚め、朝まで全く眠れずという小学生よりも繊細な自分。
高山病の大敵は睡眠不足。
「頂上でご来光」の第一目標は早くも「可能なら」に格下げ。
たいそう不安なスタート…。





出発場所、新宿。
他にもツアーバスが沢山。

朝7時半過ぎにいよいよ出発。予定では11時位には五合目到着の予定。
が、そこは連休。渋滞に巻き込まれ、またも出端をくじかれ…。





ようやく見えてきた富士。

ご覧の有様…。
この時点で「ご来光」はあきらめ、
「登頂」が目標に。





五合目に続く富士スバルラインも大渋滞で、
やっと到着したのは13時。
それから昼食、身支度等して登山開始は14時。

みんな向かう場所は一緒だと思うと…噂のご来光渋滞を覚悟。





しばらく下りを歩いて、いよいよ、吉田口。登山開始。


六合目に向かう人々。ハイキング気分。
が、すれ違う下山者の死に顔が
この山の辛さを無言のうちに物語ります。





六合目着。見上げても霧中。

七合目への道の途中からの眺め。
結構な強風でしばしば飛ばされないように踏ん張る時はあるものの


まだ記念撮影する余裕も。

口にくわえているのは歩きながらでも水が飲める、
ハイドレーションのホース。
高山病予防には水も大切。





遠くにだんだん晴れ間が。

この高さだと、どこが晴れてて、どこが雨かも一目瞭然。
遠くに雨が降ってる場所が見え、一抹の不安。





7合目着。

いよいよ岩場が続く八合目への道。
徐々にこの山が本性を見せ始めます。
山小屋もここから。

八合目への道の途中からの眺め。
登れども登れども、八合目へは中々たどり着かず…。

この直後、先ほどのイヤな予感が的中。
急な豪雨であっと言う間にびしょ濡れ。
この山の最初の洗礼。

その雨も幸い一時的なもので済み、
ホッとしてふと遠くを見ると一筋光るものが…。


なんと富士山から見る虹。
写真ではわかりにくいけど、徐々に色鮮やかに。

この山に祝福されたような気持ちがして、
それまでの色んな不安が一転、希望に変わった瞬間。
もしやご来光見えるかも?!
気分一新、八合目を目指し再出発。





強風と徐々に薄くなる酸素のせいか、
なかなか足が動かなくなりながらも、
夜7時すぎ、ようやく本日の目的地、
宿泊予定の八合目の山小屋「白雲荘」に到着。

ホントに嬉しくてテンションも上がります。

山中湖付近の街の灯。(↓拡大画像見れます)


夕食はハンバーグカレー。


寝床。思ってたよりも綺麗。


各ザックはフックにぶら下げ、夜8時過ぎに就寝。

初日終了。
いよいよ明日はてっぺん目指し、0時出発。






| その他 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


景信山〜陣馬山
    

   
7月の富士登山に向けて、装備品の慣らしと練習がてら、
景信山〜陣馬山ハイキング。






朝9時すぎ、高尾駅から満員の小仏行きバスで20数分。






終点の小仏で降り、軽く柔軟体操。
9時40分。ここからスタート。もう暑い。






景信山山道入口までのゆるい舗装路をダラダラ歩いていると、
早速、連れが新品の登山靴で山の土を踏む前に、うんこさんを踏む。
久しぶりにうんこさんを踏む人を見る。






いよいよ景信山登山開始。
後で考えると、ここが一番しんどい時間。






結構、急で所々足場も悪い上り坂を延々山頂まで小一時間。
あくまで富士登山の練習と装備品の点検・慣らし目的のため、
全く必要ないであろう防寒着など、ザックの中はフル装備なので、
余計にしんどい。






10時40分頃、景信山山頂(727m)到着。






山頂の売店で飲み物を買って一休み。
コーラと非常食のカロリーメイトがうまい!
このあと、険しい登山道では転ばなかったのに、
トイレから出た直後のゆるい坂でスッ転ぶ。
油断大敵を身をもって知る。






11時すぎ、陣馬山に向け出発。
ここからは随分とゆるいハイキングコース。
気持ちのよい風も吹いて、非常にすがすがしい。





「ゆるい」と感じる理由は






こういった分かれ道が何度もあり、
「まき道」というゆるい道を選んでばかりいたからでもあるのだけど。





途中、トレイルランナーの集団と何度もすれ違う。
いくら「ゆるい」とは言え、そこまでする体力は僕らには無く。
で、いくら「ゆるい」とは言え、






細い道のすぐ横はこんな急斜面だったりするわけで、
さすがに、そんな道を






マウンテンバイクで走る強者には感嘆の声をあげてしまいます。





かと思えば、スーツにザックというトリッキーな姿のお爺さんもいたりして、
様々な人々とすれ違いながら途中、明王峠で少しの休憩を経て、






13時過ぎ、陣馬山山頂(855m)到着。








この山頂は360度のパノラマで遠くの山々が見渡せるという事で、
テーブルの上の表示をたよりに富士山を探すも、
残念ながらガスって見えず。






でもとにかく、ビールで乾杯!!





山頂で一時間半ほど昼食・休憩を取り、
14時半下山開始。






3〜40分で和田峠まで下山。
ここからは陣馬高原下バス停まで延々、舗装路。






結構、長く、連れのiPhoneでハナレグミなど聞きつつ、
ゆっくり歩く。バスの時間までまだまだあるし。






16時頃、バス停到着。
見直しが必要な装備品もわかり、有意義ですがすがしい一日。
高尾よりも観光地っぽくないし、初心者向けだし、良いですよ。





| その他 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


T4
 

   
ららぽーと豊洲にて。
先行上映土曜日最終回。
「ターミネーター4」観てきました。










面白さの印象は「んー…」というような。
2時間弱がちょっと長く感じました。
色々突っ込みたいとこもあったり。




この映画を観に行きたいと思った要因の50%は
バイク型のターミネーター「モトターミネーター」。






ちなみに、これ「DUCATI」ベースのようです。
「マトリクス」しかり、「ダークナイト」しかり、
かっこいいバイクシーンのありそうな映画には反応します。





これが無ければ行かなかったかも。




| その他 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


NIKE+ ipod
 

仕事柄、運動不足になりがちなので、
去年の5〜6月頃から続けている5キロランニング。
高校の頃10キロマラソンが嫌でしょうがなかった自分が、
三日坊主にならずに続けているのが自分でも驚きですが、
いつも走る公園への往復2キロの歩きと、公園5周とで
大体5キロだろうとふんで走っていました。
しかし、正確な自分の体力を知りたいと、
ここに来てようやくNIKE+ ipodを購入。





いつも走るときにipodのコードが邪魔だったので、
ipodケースとNIKE+センサーのケースセットも購入。
装着するとこんな感じです。





設定を5キロに設定。
走った距離や目標値までの距離を声で知らせてくれます。
わかりやすくて楽しいです。
聞いているのは音楽ではなく、
TBSラジオJUNKのポッドキャストです。
根っからの深夜AMラジオリスナーです。




で、これが結果です。
ipodをNIKE+のサイトにシンクさせるとグラフ表示してくれます。

5.05キロで24分41秒。
キロ/4分52秒。
消費カロリー312。


いつも歩きも含め40〜45分かかっていたので、
以外に走れるようになってて自分でも驚きです。
まあ、去年の夏前から走ってれば、普通はもう
10キロを走るようになってるのかな。。。


少し自信がついたので、今度は誘われている
adidasのナイトランに参加してみようと思います。




| その他 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


サマソニ09 第一弾
 

さて、今年のサマソニの第一弾メンツが発表されたと聞き、
早速見てみると、今年は10周年だという事で豪華。







ナインインチにフレミングリップス、ソニックユース、
ティーンエイジファンクラブにプラシーボ。
マーキュリーレヴにヴァセリンズ。
毎週「BEAT UK」を録画していた大学生の頃の自分だったら、
何が何でも絶対に行くと誓っているであろうメンツ。



以前も踊れなかったエイフェックスでは、
今はもう立ち尽くす他ないだろうし、
最近の人達はわからないし。。。
モグワイは野外か屋内か。。。




さて、どうしようかな。
第二弾の発表に期待。








| その他 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


日本科学未来館
    


最先端の技術に触れる続きは、14日。
数年ぶりに、お台場にある科学未来館。
目的は「メガスター2」による3Dプラネタリウム。
午後1時すぎについたにも関わらず、既に4時過ぎの最終回しか空いてません。
予約を取り、時間まで館内を見学。






ニュートリノを検出している「スーパーカミオカンデ」の縮小模型。







自分のサーモグラフィー。
帽子を脱ぐと、丸坊主の僕の頭は真っ赤っか。








ASIMOの登場。走ったり、ボール蹴ったり。
ちなみに、帰宅後ネットで調べた所、
1日のレンタル料金は150万円(諸費用別)らしいです。



他にも色々と見所があり、3時間もあっと言う間に過ぎ、
3Dのプラネタリウムへ。写真撮影NGなので画像はありませんが、
これ、凄かったです。目の前を星や銀河がビュンビュン。






5時には閉館。
出ると、綺麗な夕陽でした。




| その他 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


メディア芸術祭
   


先週は最先端の技術やメディアに触れて来ました。
まず、2月11日は「メディア芸術祭」へ。
面白かった作品を少し。






自動タイプされた文章が表示されていきます。
タイプライターの音が心地良いです。







作業員が木枠を使って分刻みに時間表示を変更していきます。
実際の時間に合ってます。どうやってるんだろう?
夜はどうなってたんだろう?気になります。
この時計欲しいです。









話題のテノリオンです。
大人気で長蛇の列。
実物は触れませんでした。
残念。








顔に触れると表情が変わります。
子供がビシバシ叩いてました。










見終わって出ると、入場制限されていました。
早めに来て良かったです。








| その他 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


2009年元旦:種差海岸
  


年越しは毎年、実家の八戸に帰っています。
今年も同様。

元旦の挨拶のあと、午後は特にする事もなく、
同時期に帰省している親友と連絡をとり、
八戸の種差(たねさし)海岸をドライブする事に。
種差海岸は国指定名勝なんです。



八戸は太平洋を望む港町。
市の中心部から約10キロ。
漁船の向こうに見えるのは蕪島(かぶしま)です。
ウミネコの繁殖地で、蕪島神社があります。
蕪島
ここのところの株価の下落のため、
「かぶ」にかけてこの神社の「かぶあがりひょうたん御守り」に
全国の投資家から問い合わせが殺到、品薄状態だそうです。





蕪島から海岸線をしばらく行くと…
道






葦毛崎(あしげざき)展望台です。
葦毛先展望台
かつては日本海軍の砲台があった場所です。

葦毛先展望台
初日の出の人気のスポットでもあります。

葦毛先展望台
絶景なんです。






葦毛崎展望台からさらに進むと…
道







種差天然芝生地です。
種差海岸

種差海岸
司馬遼太郎は、
「どこかの天体から人がきて
地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、
一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした。」
と激賞したそうです。

(出典:ウィキペディア)

何度来てもこの海岸線は美しいと思います。
八戸にいらした際には是非訪れてみて頂きたい場所です。





この後、まさかの八戸断水が始まり、
東京に戻る3日まで、風呂にも入れず。
水のありがたみを思い知らされました。
09年、波乱の幕開けです。
今年もよろしくお願い致します。




| その他 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |





CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 詳しくは言えません。
    (03/13)
LINKS
PROFILE