Toshifumi Tanabu

Blog
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


2011年8月4日 青森ねぶた祭
 




サマーキャンプ場







ミーティング










出陣

























パレード



















集合場所へ













運行直前



















運行開始


































カラス




























運行終了







自衛隊跳人






























| バイク・車 | 20:11 | - | - | pookmark |


2011年8月2日 新郷村〜十和田湖〜奥入瀬渓流

 



キリストの墓














十和田湖
















奥入瀬渓流










































| バイク・車 | 16:53 | - | - | pookmark |


2011年8月1日:八戸
 

























































































































| バイク・車 | 00:06 | - | - | pookmark |


帰省:2011年5月3日 ワールドオートバイサーカス@弘前さくらまつり
 









































































必見。

機会があれば是非。

You Tubeにも沢山動画あります。















| バイク・車 | 20:16 | - | - | pookmark |


2010 MotoGP 日本GP in ツインリンクもてぎ〜10月3日〜




引越やら何やらバタバタして、
前回のブログから1ヶ月経ってしまい、
正直、MotoGP決勝日の記憶もうる覚え。



富沢選手の追悼式がありました。
結局、Moto2クラス決勝は、彼が走っていたら…
と思ってばかりだったような。



125CC、Moto2クラス共に、日本人選手は残念な結果に。
特に125CCの小山選手はプライベーターだからなぁ。
彼が何度もコーナーで抜いても
どうしても直線スピードで勝るファクトリーマシンに
パスされるというシーンが何度も。
でも彼を見直しました。



MotoGPクラス決勝は、結果から言うと、
優勝はストーナー、2位はドビツィオーソ、
我らがFIAT YAMAHAのロッシは何とか3位入賞。
ロレンソは惜しくも4位という結果。

しかしやはり熱かったのはロッシとロレンソのバトル。
同じチームメイト同士の彼らが時速数百キロという高速で
体をぶつけながら競り合うアグレッシブなレース。
その様子が大型モニターに映し出されたスタンドは大歓声!

最終ラップまでもつれた3位争いを制したのはロッシ!
表彰台へ向かうロッシ。
FIAT YAMAHAとしての最後の日本GP。

表彰台の彼が見られて良かった。
ありがとう、ロッシ!!



余談ですが、スタート前にウロウロしてたこの女の子。
46番の帽子でFIAT YAMAHAのロッシを応援していたのかと思いきや、

レース終了後はDucati被って優勝したストーナーに黄色い声。
オーストラリアの国旗持ってたし、
同じ国出身のストーナーを応援するのもわかるけど、
分かり易い手のひら返し。
末恐ろしい。



で、レース後、バイク来場者だけのお楽しみが。


決勝直後のサーキットをパレードラン!!
さっきまでロッシやロレンソがここを走っていた!!
彼らが見ていた風景を体感出来るという嬉しいイベント。
先導する車についていきます。

やはり、自分を含めスポーツ系バイクが多いです。

さっきまで座っていたスタンド。
流石に走りながら撮影は出来ませんでしたが、
サーキットの内と外から見る風景は全く違いました。

決勝結果が残るリーダータワー。
3位の46番が寂しさを誘います。



来年もまた行きたくなってきたなあ。
















| バイク・車 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


2010 MotoGP 日本GP in ツインリンクもてぎ〜10月2日〜
 




10月2日・3日、行ってきましたMotoGP。
初のレース観戦。
そして今季でFIAT YAMAHA最後の
王者ロッシの勇姿を目に焼き付けるために。



朝4時出発、もてぎ着は6時半。
ダートコース奥のステイエリアにテントを設営。
ステイエリアは駐車券があれば、無料で使用できる嬉しいエリア。
予約は出来ません。先着早い者勝ち。
決勝当日は朝7時には撤収しなければなりません。



その後、広いコースの横を歩いてメインゲートまで。
2日土曜日の朝はライダーのサイン会抽選会があり長蛇の列。

僕はハズレてしまいましたが、当たってる人も結構いました。



ゲートをくぐると色々なブースが。


加藤大治郎選手のマシンも。

そして富沢選手の献花台はゲートを通ってすぐの所にありました。
手を合わせていても、またちょっとウルッときかけました。



いよいよ明日の指定席であるグランドスタンドA席へ。

既に表彰台もあるんですね。

3日の決勝はこの席で。
2日のフリー走行・公式予選は自由席なので、
ひとまず125ccのフリー走行をここから眺めたあと、
MogoGP・Moto2クラスのフリー走行・公式予選をいくつかの席で観戦。



90度コーナー内側のG席。
遠くから段々と近づくエンジン音に胸が高鳴ります!
すると不意に次々とマシンが視界に飛び込んできます!
おぉ!!あの黄色いメットにブルーのFIAT YAMAHAのマシンはロッシ!!
かっこいい!!!
が…早すぎてこの席では写真が撮れず。



反対側のZ席へ。おぉ、ここは凄い迫力!!
ダウンストレートを猛スピードからフルブレーキングの様子が間近!!


ロッシの片足外しもガンガン見えます!!
しかしすんごいエンジンブレーキなんだなぁなんて考えたり。



この後、今年から始まったMoto2クラスフリー走行。
Moto2クラスはエンジンがホンダのみのため、音がみんな一緒。
ホンダとスズキのエンジン音はヤマハとドゥカティに比べて高め。
マシンの見た目でどこのマシンかわからなくても、
エンジン音で区別出来る位、違うんですね。
カワサキの音も聞きたかった。

それにつけても思わずにいられないのが、
富沢選手の走りを見たかったって事…。



その後、メインゲート方面に戻ると、
YAMAHAブースに各選手がぞくぞく登場。
MONSTER YAMAHA TECH3の
コーリン・エドワーズとベン・スピース。

FIAT YAMAHAのホルヘ・ロレンソ
この日YAMAHAとの契約を2年更新とのニュース。

そして今季FIAT YAMAHAとして最後となる王者バレンティーノ・ロッシ。
来季は母国イタリアのDUCATIチームへ移籍。
あー、残念。

ちなみに、このYAMAHAブースの目の前がDUCATIブース。
DUCATIブースを目の前にして抱負を語るロッシの胸中やいかに…。



その後、D席で公式予選を観戦。
ストレートから1コーナーへ飛び込む様子が見やすいです。
あと、ピットから出てくる様子も。
まあでも、人はガラガラ。
確かに自由に移動できるビクトリーコーナー前のC席の方がマシンも
スピード落としていて見やすいのでいいですかね。
ここはマシンのスピードが早くて…。



MotoGPクラスPPはホンダのドビツィオーソ、ロッシは3番グリッド。
Moto2クラスは高橋選手が最後の最後に驚異の走りで3番グリッド。
125ccクラスは小山選手がねばりの5番グリッドという結果。



で、公式予選後にホンダブースにPPのドビツィオーソ選手登場。
パパは頑張りますという話でした。



でまたその後肌寒くなってきたので一旦、ステイエリアに戻り、着替え、

デリデリナイトガーデンというイベントを見ながらカレーを食べるも、
寒いし、前日の2時起きで、午後6時過ぎにはもう眠くてしょうがなく、
8時前にはテントに戻り消灯。



翌朝は5時起き。












| バイク・車 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


R.I.P. 48
 





本当に残念でならない。




Moto2クラスでいきなり優勝してみせた、
これからもっと期待されるレーサーだったのに。
来月、もてぎでの生の走りを楽しみにしていたのに。






そして母国での日本人レーサーの扱いの小ささに
あらためてやり切れなさを感じ得ない…。



イタリアやイギリスヤフーでこのサンマリノGPでの事故死を
写真付きトップ記事で伝えてた頃、日本では文章だけ。
翌日やっと写真つき。TVでもニュースの端っこで数秒。
どっかのゴルファーが髪型変えた事は御丁寧に報道してたバカさ加減に
腹立たしさすら感じる。



そりゃそうだ。欧州ではMotoGPはF1につぐ人気モータースポーツ。
F1なんかより日本人が活躍している。
日本人サッカー選手よりも日本人MotoGPレーサーはスターだ。
かつての日本人レーサー加藤大治郎にデル・ピエロがサインを求めた程だ。
でもその時その場にいた日本のマスコミは誰も加藤を知らなかったって程だ。



来月のもてぎ日本GPにはバイクとメットに喪章のステッカーを貼って
弔いつつ観戦しに行こうと思います。スクリーン欠けてて申し訳ないけど。
こういうのにグラフィックデザイナーとしての力を発揮するのも悲しい。


48は富沢選手のレースナンバー。
SHOYA=48。



19歳でMotoGP、Moto2クラスの最初の歴史に
チャンピオンとして名前を刻んだ富沢祥也選手のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。






| バイク・車 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


2010年7/31〜8/8帰省 〜6日・7日近場プラプラ〜
 


6日は地元八戸のデザインユニット、
トライポッドスタジオさんのユーストリーム番組に急遽、
やはり八戸の株式会社カネイリの常務取締役メルシーさんの
ご紹介で恥ずかしながら出演させて頂きまして。


緊張しつつ地元に対する想い(だったような?)などを楽しくお話させて頂いた後、
いつもバイクで帰省すると走りに行く近場などをプラッと。


八戸漁港


八戸の街が“ぐれっと”見渡せる館鼻公園の「グレットタワー」



港町・八戸は工場地帯でもあります。


少し離れてフェリー埠頭
北海道・苫小牧まで行けます。



翌朝、まだ陽が昇る前に起きて、
お気に入りの場所、階上灯台まで。
昨年は曇りだったのでリベンジ。




今回はバッチリ、リベンジ達成。



八戸側に数キロ戻って葦毛崎砲台




やっぱり太陽信仰の国民なんだなぁ。
念のため、フォトショップ等で画像いじってません。



初めてねぶたに参加したり、
新しい出会いがあったり、
猛暑でしたがとても有意義な帰省となりました。

お世話になった皆さん。
本当にどうもありがとうございました。












| バイク・車 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


2010年7/31〜8/8帰省 〜5日・夏泊半島廻って八戸戻り〜
 


寝苦しさで目が覚めたキャンプ場をあとにし、
夏泊半島を通って八戸戻り。







大島。


いやー、あまり期待していなかったけど、
海岸線が近くてその海岸線も次々と表情が変わって、
楽しかったですよ。




真夏の猛暑の中、こんなに真っ黒な感じで走ってますが。
でも見た目より涼しいです。
メッシュレザーだし、日射しが直接当たらないので走ってるぶんには。
停まると汗だくになりますが。












| バイク・車 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


2010年7/31〜8/8帰省 〜4日・青森プチツー・ねぶた見物〜



8月4日は朝から夕方まで青森の西側をプチツー。


目的地は世界自然遺産、白神山地・十二湖の青池。
以下、駆け足でご紹介。



しばらーく走って鯵ヶ沢付近
国道沿いに突如「わさお」。



基本、愛想無かったです。
次々と見物人が来るので疲れるのも無理ないか。



帰りに撮ったお店の写真。
いか焼き300円。
バイクでお腹も空いてなかったので買いませんでした。
お車の方はどうぞ。



で、またしばらく走って千畳敷


不思議な光景。



出発してから3時間半後。
目的地の十二湖「青池」
世界自然遺産を見るのは初めて。
(厳密にはここは世界遺産なのだろうか?)


確かに青い。


水の中に木が沈んでるのも見える透明度。
霞がかると青さがよくわからなくなってしまいます。
晴れて霧もなければもっと鮮やかだったでしょう。



すぐ近くの日本キャニオンにも立寄。


こんな道を汗だくで500メートル…。


やっと見えたのはこの風景ですが。
んー、これはも少しなんとかしないと…。
いかんせん見える範囲が少なすぎるし。




青池は良かったものの、
他には多少期待はずれのまま青森に向け出発。



青池に行く途中で気になった大岩海岸に立寄。


このデカイ岩の上まで登るようです。


結構、コワいです。
手すりが片方しか無いとか、微妙に危ない。


上からの眺め。


おい。日本キャニオンより良かったぞ。



しばらく走ってまた気になっていた
北金ヶ沢にある「日本一の大銀杏」にも立寄。




デカいので枝を支えようと、さらに下に枝が乳房のように垂れています。
垂乳根というそうです。
秋の銀杏が鮮やかな時に見てみたいですね。



道の駅ならぬ「海の駅・わんど」で休憩。




で、青森到着後、この日はサマーキャンプ場にテント泊。


テントを張ったのち、
この日は運行しないねぶたの太鼓の友達とねぶた見物。
跳ねると他のねぶたを全く見られないので。



市長も跳ねる。


自衛隊は日の丸扇子。


クロネコヤマト。


クロネコヤマトのたっきゅーびん!!
ハイ!!ラッセーラー!!ラッセーラー!!
と叫んでいました。


日立ねぶた。
お囃子は日立が一番凄いそうです。


我らが板金!!


パナソニックねぶた。
使用している電球はやっぱりLED。
白の色がやけに奇麗。


おまけのカラスハネト。
自分は全然見かけなかったので、今や天然記念物級?
思わず写真撮っちゃいました。



見物は見物で面白いですね。
でもお囃子を聞いていると、体がうずきました。




市内で呑んだ後、キャンプ場まで独りベイブリッジをてくてく。


青森はこの夏、37度を超えるなど猛暑。
テントの中も蒸し暑く、汗だくで寝苦しいまま就寝。



すると日付が5日に変わった頃、ツレからメール。

「誕生日おめでとう」

・・・!!すっかり忘れてた!!・・・
独りで汗だくで狭苦しいテントの中で誕生日を迎えるとは…。
思い出深い34歳の誕生日となりました。












| バイク・車 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |





CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 詳しくは言えません。
    (03/13)
LINKS
PROFILE