Toshifumi Tanabu

Blog
<< FRONT | main | 富士登山〜初日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


景信山〜陣馬山
    

   
7月の富士登山に向けて、装備品の慣らしと練習がてら、
景信山〜陣馬山ハイキング。






朝9時すぎ、高尾駅から満員の小仏行きバスで20数分。






終点の小仏で降り、軽く柔軟体操。
9時40分。ここからスタート。もう暑い。






景信山山道入口までのゆるい舗装路をダラダラ歩いていると、
早速、連れが新品の登山靴で山の土を踏む前に、うんこさんを踏む。
久しぶりにうんこさんを踏む人を見る。






いよいよ景信山登山開始。
後で考えると、ここが一番しんどい時間。






結構、急で所々足場も悪い上り坂を延々山頂まで小一時間。
あくまで富士登山の練習と装備品の点検・慣らし目的のため、
全く必要ないであろう防寒着など、ザックの中はフル装備なので、
余計にしんどい。






10時40分頃、景信山山頂(727m)到着。






山頂の売店で飲み物を買って一休み。
コーラと非常食のカロリーメイトがうまい!
このあと、険しい登山道では転ばなかったのに、
トイレから出た直後のゆるい坂でスッ転ぶ。
油断大敵を身をもって知る。






11時すぎ、陣馬山に向け出発。
ここからは随分とゆるいハイキングコース。
気持ちのよい風も吹いて、非常にすがすがしい。





「ゆるい」と感じる理由は






こういった分かれ道が何度もあり、
「まき道」というゆるい道を選んでばかりいたからでもあるのだけど。





途中、トレイルランナーの集団と何度もすれ違う。
いくら「ゆるい」とは言え、そこまでする体力は僕らには無く。
で、いくら「ゆるい」とは言え、






細い道のすぐ横はこんな急斜面だったりするわけで、
さすがに、そんな道を






マウンテンバイクで走る強者には感嘆の声をあげてしまいます。





かと思えば、スーツにザックというトリッキーな姿のお爺さんもいたりして、
様々な人々とすれ違いながら途中、明王峠で少しの休憩を経て、






13時過ぎ、陣馬山山頂(855m)到着。








この山頂は360度のパノラマで遠くの山々が見渡せるという事で、
テーブルの上の表示をたよりに富士山を探すも、
残念ながらガスって見えず。






でもとにかく、ビールで乾杯!!





山頂で一時間半ほど昼食・休憩を取り、
14時半下山開始。






3〜40分で和田峠まで下山。
ここからは陣馬高原下バス停まで延々、舗装路。






結構、長く、連れのiPhoneでハナレグミなど聞きつつ、
ゆっくり歩く。バスの時間までまだまだあるし。






16時頃、バス停到着。
見直しが必要な装備品もわかり、有意義ですがすがしい一日。
高尾よりも観光地っぽくないし、初心者向けだし、良いですよ。





| その他 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


スポンサーサイト
| - | 12:58 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://t-tanabu.jugem.jp/trackback/26
トラックバック



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 詳しくは言えません。
    (03/13)
LINKS
PROFILE